>  > 足コキで責められる

足コキで責められる

どちらかというと責めるより責められたい派な俺は、とあるデリヘルのサイトで足コキという単語に目がとまった。もちろん足コキというプレイ自体は知っていたが、これまで風俗で体験したことは無く、せっかくだし体験してみることにした。ホテルで女の子とシャワーを浴びたあと、キスやフェラはほとんどせずに、すぐに足コキへ移行。俺はベッドで仰向けに寝て、女の子はあぐらをかくような体制になり、両足手俺のペニスを挟んでしごきはじめた。手コキとくらべたらしごき方はぎこちないが、そのぎこちない不規則な動きと、足裏の温かくて柔らかい感触に、俺のペニスはどんどん大きくなった。さらに、女の子は股を開いているので、その股間を見せつけてくるような体制も、そそるものがあった。しかし、射精とまではいきそうにないと思っていると、今度は足の指を開いて、指の間でペニスを挟んだり、玉の方もころがしたりして、刺激が強くなっていった。そして、強くなっていく責めにそそられて、足コキされながら精液を放った。責められたい派の人には、足コキはオススメできるプレイだろう。

[ 2015-08-14 ]

カテゴリ: デリヘル体験談2